FC2ブログ

AL視点で眺めてみれば・・・

柏レイソルの試合ナドを「ALで観戦してるっぽく」つぶやくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いざ!開幕!!

タフネスしてますか?

「光陰矢のごとし」
ありふれた言葉ですが、降格決定後しばらくは報道や選手の移籍で「ひたすら orz 」な時が続くような気がしたことを思えば、あっという間のJ開幕に、ありふれた言葉も浮かんでくるものです。

自分に言い聞かせる意味でも、言わせて下さい。

J2と侮ることなかれ

愛媛だろうが、札幌だろうが、神戸だろうが、どんなチームでも一戦必勝!選手は当たり前ですが、サポーターも「ココなら勝てる」とか思わないように気をつけたいものです。そういう会場の(特に日立台では)空気って、知らず知らずの内にピッチに流れ込むものだと思います。
(例年の天皇杯の「練習試合のような不思議な空気」を思い出してもらうと分かりやすいのでは?)


つづきまして、お詫びを。
まあ、「どうでもイイ」と仰る方もいるでしょうが、開幕までに終わらせる予定の「勝手評価シリーズ」ですがご覧のように終わっていません。スミマセン。
前シーズンの内容が目障りな方もいるかもしれないので、今後のエントリでは、「つづき」の方で最後まで(ココは守ります。)行こうと思っています。読んで下さる方にはワンクリックの手間をおかけすることになってしまいますが、よろしくお願いします。


(湘南戦予想スタメンとかあれこれ)

   鈴木     キタジ

平山            谷澤
    ディエゴ  山根

祐三  岡山   中澤    亮

        南

サブ 加藤 根引 大谷 将太 忠成

湘南は望以外は柿本(移籍)と佐藤と城定しか知らなかったので、J's GOAL(リンク)で予習した情報のみです。

それを踏まえて、湘南を分析すると…
・以外に入れ替えの多い選手層
・佐藤からのセットプレー
・望

が気になります。
「移籍後即スタメン選手」は湘南の方が多いかもしれません。コンビネーション等の熟成度に難があるのでは、と思います。
望&佐藤の左右のFKには「要警戒」でしょうね。ファウルするなら早目に「ハーフライン近辺で」くらいの割り切りと注意オネガイシャース。


あ、あと私の場合は「望(ノゾム)」が普通なんですが、他所では「望さん」というのも目にします。昔から「望」だったので、その方がしっくりくるので「さん」を付けていないだけです。念のため。


・・・だってね、Jに上がった直後?の「リーゼントみたいな物凄い頭」の時代とかも見てるわけです。最大級のリスペクトと、そんな時代の思いでを合わせるとやっぱり「望」です。


さて、次エントリからは「つづき」でご覧いただく「背番号順に語る 勝手な選手評価」です。19は「ミスター年末?」な男です。

宇野沢 祐次(うのざわ ゆうじ)
Yuji UNOZAWA


(2005年個人成績)
出場     13
得点      0
シュート    4
アシスト    2
警告      1
退場      0

入団年    02
勝手な愛称  日本一泥臭いポストプレー野郎 ミスター年末 トラクター(by早n

評価コメント
入団以来コンスタントに2ケタ出場を続けてきた宇野澤。ただ、実力と共に「監督に恵まれた」点も考慮に入れない訳にはいかないだろう。特に02~03シーズンのアウレリオ監督の過度とも言える若手起用は、宇野澤の持っている「神がかり的な勝負運」にもつながるような気がしてしまう。

02シーズンガンバ戦、04シーズン大分戦、04シーズン入れ替え戦2戦目、と年末、土壇場といえば「ウノゴール」と言いたくなるほど、宇野澤の「年末の勝負強さ」はそのゴールの重要さと共に印象に残っている方も多いのではないだろうか。
05シーズンも、裏天王山ヴェルディ戦での「実質2アシスト」や、負けたものの入れ替え戦でのゴールなど、相変わらずの勝負強さを見せていた。

ただ、年末の活躍が印象深いというのは、裏を返せば「シーズン通しての貢献はできていない」とも言えるのではないだろうか?谷澤にも同じことが言えるが、年代別代表の経験があり、将来に期待をしているが故に、どうしても「物足りなさ」を感じてしまう。

プレーを見ていると、まず「シュートが少ない」点が気になる。「何が何でも落とす」という気迫のポストプレーが持ち味であり、良いところだが、それに捕らわれるあまり「自分でシュートまで」という選択肢があまり優先されないような印象を感じてしまう。
個人的な印象だが、「点で勝負する」タイプの宇野澤はもっとニアポストへ飛び込んで勝負してほしいと強く思う。ただ、FWにとっては良いボールが来なければディフェンスばかりしなければいけないので、近年のレイソルの試合内容では、玉田のような単独での突破が可能な選手と比べるのは酷なのかもしれない。

新加入選手や鈴木の台頭に加えて、自身のケガでの出遅れと06シーズンは逆境からのスタートと言ってもよいのかもしれない。だが、現状に甘んじるつもりはもちろん無いだろう。この出遅れは、逆にチームに疲れが見えた所で「フレッシュな状態で合流できる」チャンスとも言えるだろう。フランサと共に、FW陣に「健全な競争原理」を持ち込んでもらいたい。


何の根拠もないのだが、秋の終わり、日立台で歓喜のゴールを決めるのは宇野澤だろうという予感がする。いや、予感というよりも確信と言ったほうが正しいのかもしれない…。


鈴木にも期待してますが、宇野澤にはもっと期待してるんです。何でケガを…  いや、そんなことを言うのはヤメマス。ココから泥臭く這い上がってこその宇野澤ってモンです。
上では名前を出すのを忘れましたが、忠成もいますね。激しい競争からより一層の成長をして、「ウノゴール!」オネガイシャース!!

つづきは雑談です。


言い訳をさせてもらうと、「勝手評価」は文体に結構気を使っているため、書くのに時間がかかってしまったんです。まあ、私のスキルが足りない、と言われれば「全くもってその通りです」としかいえないわけですが…

文語と口語がありますが、圧倒的に口語を使う機会の方が多い中で、ブログは文語のスキルを養うには非常に勉強になります。ヤッパリ、「人に見られる可能性」があることは書く時に良い緊張感を与えてくれます。


更に話題が飛ぶんですが、ネット語みたいなものを知ったのも楽しい経験でした。「kwsk」とか「テラ~」みたいな文章を見ることはあっても、実はイマイチ意味を分かってなかったんです。
メガ、ギガ、テラ、ペタと単位が大きくなるわけですから、当ブログも「テラオモシロス」いや、「ペタオモシロス」な内容を目指したいものです。

それでは失礼します。ノシ
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/03/04(土) 07:16:55|
  2. レイソル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

ネイル

ネイルを探すなら http://www.takeonemusik.com/100939/201454/
  1. 2008/09/15(月) 14:37:18 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://alwatching.blog31.fc2.com/tb.php/97-27b3b036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。