FC2ブログ

AL視点で眺めてみれば・・・

柏レイソルの試合ナドを「ALで観戦してるっぽく」つぶやくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

敵(新潟)を知り、己を知れば百戦危うからず。

このエントリーは、前回予告編をお送りした「データ分析」本編です。


Q「アルビレックス新潟」について知っていることは?

悪夢のような逆転負け at柏の葉


こんな風に、最近のアルビレックスのチーム状況知らない私や、「有名な選手意外は知らない」という私。これを読んでくださる貴方に黄黒蛙が独自に抽出したデータを元にした「勝手気ままなる新潟分析」をお送りします。


<新潟 チーム成績(29節現在)>
9勝8分12敗 勝ち点35 41得点(7位) 53失点(ワースト3位) 得失差-12
参考までにレイソルは
7勝9分13敗 勝ち点30 31得点(17位) 45失点(ワースト5位) 得失差-14

<最近の勝敗、出場メンバーなど>
23節vsC大阪 1●2  home
24節vs清水  1●2  away
25節vs広島  0●1  home
26節vs川崎  0●3  away
27節vs東京V 1△1  home
28節vs横浜  1○0  home
29節vs神戸  1△1  away

4連敗後にメンバーの入れ替えがあったらしく、それまでレギュラーだったGK野澤→木寺、FW上野→DF梅山などの変更が見られます(その後3試合メンバー固定)。
ちなみに、上野→梅山に関しては、
FW上野OUT→それまでMFのファビーニョをFWへ→それまでDFの菊池をMFへ→DF梅山IN
という変更のようです。
想定されるフォーメーションは…

        エジミウソン

鈴木慎吾             ファビーニョ

          本間

      菊池      桑原

 梅山    萩村    高橋    リマ

          木寺   

サブ
野澤 藤井 寺川 青野(岡山)上野

でしょうか?
最近の試合のリザルトを見ると、本間→青野の交代の可能性は高いと思われます。また、点の欲しい場面では、梅山→上野という交代も可能性が高いでしょう(前節参照)。

これらから想像されるのは以前のメンバー構成よりも、多少ディフェンシブにしたものが最近のフォーメーションということでしょう。そのため、点を取りに行く時に以前の形に戻していると思われます。


<シーズン成績を分析してみる>
・9勝のうち実に7勝をホームで稼いでいます。
ホーム戦績 14試合 7勝4分3敗 23得点 16失点 勝率5割

・出入りの激しいサッカー
「41得点(7位) 53失点(ワースト3位)」を一試合あたりに換算すると
得点率 約1.413  失点率 約1.827

・勝敗ごとの得点、失点を同じように一試合あたりで見ると
○勝ち
得点率 約2.777  失点率 約1.111
●負け
得点率 約0.666  失点率 約2.916
です。更に、これに関連して完封勝ち、負けを見ると
完封勝ち 2試合
完封負け 6試合


<得点、失点の傾向>
では、出入りの激しい新潟の得失点を前後半に分けて、見ていきます。

(前半) 得点10  失点26
(後半) 得点31  失点27

<敵のキープレーヤーを知る>
「サッカーダイジェスト調べ」の得点、アシスト者を見てみると

(得点ランク)
1位エジミウソン(14点) 2位ファビーニョ、リマ(7点)
(アシストランク)
1位エジミウソン、ファビーニョ(5点) 2位リマ(4点)

私としては意外だったのが、鈴木慎吾は「得点4アシスト2」と思ったよりも数字が低い、というトコロです。


いかがでしょうか?多少は新潟の傾向が見えてきたのでは。
以下はこれらを踏まえた、「黄黒蛙的新潟攻略案」です。
新潟を喰う!」ために


まず、「ホームの勝率は高い」と思っていましたが、勝率は5割です。先入観を持たず、レイソルは勝ちに行くべきでしょう。

・勝つためにどうするの?
失点率を見ると、新潟の勝ち試合で1.111、負け試合で2.916となっており、レイソルが勝つには1点では足りないと肝に銘じておかなければなりません。3点取れば安心できそうです。
逆に得点率を見ると、勝ち試合で2.777、負け試合で0.666です。
これを「大量点で勝っている」と見るのではなく、私は「大量点を取らないと新潟は勝てない」と見たいんです。つまり、仮に1点失っても、「十分取り返せるんだから、諦めない」と考えるようにしてほしいものです。

・注意したい時間帯
失点は前後半まんべんなくしている新潟ですが、得点はなんとその75%あまりを後半に決めています。このことから、前半に失点しないのは当然ですが、「後半の失点をいかに防ぐか」が非常に重要になってくるでしょう。
私案ですが、前半にリードを奪った場合、「割り切ってハーフタイムに守備的な交代カードを切る」ことも間違いではないと思います。

・注意するプレーヤーは?
ヤラレタ!という記憶があるのは鈴木慎吾ですが、前述の通り、得点は4、特にアシストは僅か2と、侮ってはいけませんが、本当に注意すべきは別の選手でしょう。
ならば誰に気をつけるのか?ですが、簡単にいえば「ブラジル3選手」中でもエジミウソンでしょう。得点、アシスト共にチームトップです。その上で、ファビーニョとリマへの注意を怠らないようにしなければならないでしょう。
また、リマの得点の大部分を稼いでいると思われる「直接FKへの注意」を忘れてはいけないでしょう。このため、「エリア付近での不用意なファウルは死んでも避ける」べきでしょう。



「そんなんオマエに言われんでもわかってる」と思われるかもしれませんが、自分の確認のためにも書いていたので、大目に見てください。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2005/11/10(木) 06:33:31|
  2. レイソル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://alwatching.blog31.fc2.com/tb.php/29-9ead3eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【展望】ところで12日は柏戦なわけだが・・・情報ある?

 正直、ここのところ情報がない・・・てか、ほかのbjや千葉マリンに集中力がそがれているからかもしれないが、書くべき内容が無いよう なんて、古いダジャレまで飛び出る始末だ(;´Д`) さて、だったら柏サポのブログでもみてみるべとJBアンテナを見てみると・・・
  1. 2005/11/11(金) 12:37:42 |
  2. アルビステーション 新潟から世界へ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。