AL視点で眺めてみれば・・・

柏レイソルの試合ナドを「ALで観戦してるっぽく」つぶやくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

信じていれば、何でも出来る

EVERYTHING IS POSSIBLE
EVERYONE BELEAVE(believeか?) IN YOURSELF

オフィシャルブログによれば、フランサがホワイトボードにこう記したそうです。



なんていうか自分もこの心境で今日は日立台へ行きたいと思うんです。全くの妄想ですが、フランサが

心配スンナYOオマエラガ自分ヲ信ジテルナラ不可能ナンテナイYO!!」

とサポータも含めて皆に言ってる気がしてきました。(眠れなかったせいで、脳のおかしなスイッチが入っただけかもしれません。)


詳しくは知りませんが「カオス理論」ってヤツでは「南米で蝶が羽ばたくと、地球の裏で竜巻が起こる」らしいです。強引に引用すれば、
「レイソルが勝つ、昇格すると柏で信じていれば」
          ↓
「鳥栖で城のシュートがポストに当たる」
「ウイングでアツ君のFKがブレ球にならない」


なんて事が起こるかもしれない、いや起こる!!


ワケが分からなくなってきましたが、要はそんな気持ちで私はALに行く という決意表明です。


つづきは「カウント2」と「山形戦」です

【“信じていれば、何でも出来る”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/11/26(日) 08:20:05|
  2. レイソル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

つ柏魂→山形 カウント3

TV観戦になる自分は現地へ赴く猛者へ思いを託すしかありません。


現在の山形は正直よくわからないです。前々節に草津に勝つまでは勝てない時期が続いてたようですし。

レイソルは3クールで勝ったものの、どうも負けた時の印象が強いです。
最初はカウンターでレアンドロやられて、2クールではカウンター警戒?で低めのラインと中盤の間(所謂バイタルエリア?)からミドルでズドン。

先制点を取って、レイソルペースで試合を進めたいものです。先に失点した場合、捨て身で攻めるにはレアンドロのスピードが脅威です。
そのレアンドロ、前々節では2ゴール。調子良いのか?おまけに財前がその前々節途中から復帰。メンドクサイ選手が帰ってきたものです。

天候面では寒さによる筋肉系のケガが心配です。特にフランサ。また、悪天候は苦手なレイソル。晴を祈ります。


山形予想フォーメーション


    根本    レアンドロ


宮沢(財前)秋葉  永井   臼井


木藤  渡辺  レオナルド  木村

       シミケン


根本、レアンドロの速さが、やっぱりケアするポイントになるんでしょうか?
レイソル課題のセットプレーはキッカーに財前が帰って来るとなると更に注意が必要か。
セーフティーに試合を進めるなら、ボールの供給源になりそうな永井あたりに激しくプレッシャーをかけるのが手っ取り早そう、という机上の空論はいかがでしょう?
中盤を飛ばしてロングボールを入れてこられた時は岡山中心に撥ね返してもらいたいものです。

ゴーゴー!柏レイソル!!



つづきは「ファイナルカウントダウン」です

【“つ柏魂→山形 カウント3”の続きを読む】

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/11/23(木) 01:22:54|
  2. レイソル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「その男SGGKにつき」

*追記
11.26札幌戦(日立台)にて紙吹雪が実施されるそうです。
詳しくは中野太陽会さんをご覧下さい。


「SGGK」(えすじーじーけい)[名詞]

Super Great Goal Keeper  (スーパーグレートゴールキーパー) の略
『キャプテン翼』の登場人物、若林源三がこう呼ばれる。

なお、亜種としてSuper Ganbari Goal Keeper(スーパー頑張りゴールキーパー)も存在する。こちらは、努力の男森崎有三のこと。


49節仙台戦(日立台)

スタート(3-5-2)

     鈴達    山下

       ディエゴ
亮               藏川
     山根   リカ

  石川    祐三   岡山

         雄太

(サブ 加藤 近藤 ユキヒコ フランサ 忠成)

         

69分(山下←→フランサ)

       フランサ
          鈴達
     ディエゴ
亮          リカ   藏川
      巌

  石川    祐三   岡山

         雄太

            
78分~(亮←→忠成)

       フランサ
        忠成(89分ユキヒコ)
       ディエゴ
鈴達            ガッツ藏川
      巌    リカ

  石川    祐三   岡山

        SGGK


南雄太その男SGGKにつき
今シーズンもスーパーセーブを繰り返し、普通にプレーしても良いキーパーのキャプテンですが、ここ一番で奇跡のようなプレーを起こしたらこの称号を送るしかないでしょう。
前半の前に飛び出した好判断もグッジョブ!!


・「炎のカバーリング小林祐三
岡山が防空司令ならば、柏防衛庁長官は祐三でしょうか。痛めている足をかばいもせず、前後半通じて激しい衝突も厭わない漢っぷり!選手生命を考えると膝に無理をさせないで欲しいとも思うケド、祐三無しではやっていけないんです。
「お客様に魔法使いがいらっしゃいましたら、彼の右膝にベホマお願いします!!」
05年等々力での祐三の涙が忘れられない私は、「なんだか目から汗が止まらないのでアリマス!」

ガッツ藏川
どこで聞いたのか忘れましたが、
「必ずしも努力が報われるわけではない。しかし、成功した者はすべからく努力をしている」
なんて言葉を思い出す藏川のプレー。
正直に言います。シュートのモーションに入った瞬間に「やめとけっ!」と思ってしまいました。ホントすみません。
藏川の魂が宿った「ガッツミドル」並みじゃない!(C)佐藤大

・「局地防空隊長石川
主に前半戦、左サイドで制空権を支配したのは石川だった!だがしかし、もっと成長してくれるものと信じている。次は足元も鍛えて、第二次完全封鎖の一員に。

・「ディエゴは動く城
グイグイディエゴの突進力、やっぱり並みじゃない!(C)佐藤大
立ち塞がるものは蹴散らし、薙ぎ倒す。騎兵と歩兵の戦いのようにも思えてしまう。
ここに来て、味方に物凄い剣幕で指示を飛ばすシーンも見られるようになり、まさに闘神ディエゴ。

・「やっぱりフランサ、ピッチにいれば点入る(イナバ物置よりインスパイア)
決定的な仕事よりも、確実に勝つポストプレーやキープ力で主に貢献した決戦FW。ただ、フランサがピッチにいる時間での得点率は相当高そうなことは計算するまでも無い。
それに加えて、何か「腰掛け」じゃなくてチームの一員になってる感じがイイッ!去年のこの時期には想像もつかない事ですよね…。

・「改造人間?イワオ
4クールの出場停止明け以降、切れ味が増してきたイワオ。寄せのスピードが速くなったのは秘密結社に改造されたからか?ただし、失点のシーンでボルジェスを放してしまった事は良い教訓にしてほしい。
潰しに行く、遅らせるの判断の良さは若手選手に見習って欲しいポイント。本人待望のチャントも完成し、まさに改造人間のごとき活躍を期待したい。

・鈴達、ワンランク上の活躍を
鈴達にはワンランク上の活躍を期待したいです。シュート、パスの判断は確実に進歩してるし、ブレ球に近いシュートが多いのは積み重ねた練習の成果なのは誰もが知るところ。だがしかし、更にゴールを期待したい。その先にあるのは「エース」の称号だ!!

・ヤマシタヨシテル GET GOAL!
猛然とボールを追いまくる山下。
神戸戦のダイビングヘッド後、○塩のごとく地面を叩いて悔しがっていた山下。
仙台戦ゴール前に詰めて行って、悔しがる山下。
ベンチに走ってくる藏川を満面の笑みで迎える山下。
なんだか山下の心の温度が高いんですっ!
イイッ!イイヨ!!足元の柔らかさはキタジを上回るんだから、ポストプレーばっかりしてないで今度は自分がGET GOAL!

・リカが目立ったのはFKのシーン。決まれば楽になったが、そう甘くはないって事でしょうか。ただ、後ろからのビルドアップに困った時に「スッ」と引いてきてボールを捌いてくれるリカは確かに重要な選手だと思います。

・亮に関してはバランス重視で黒子的な活躍。パスとクロスの制度をもう少し上げて欲しいです。あと、チャンスは決めてください。

・岡山はCKから決めて欲しいシュートが一本。また、特に後半にドリブル突破を許すシーンがあったので、早目にプレーを切るとか、カバーの選手と受け渡す等の工夫もしてほしいです。

・忠成!膝大丈夫なの?
山下が延々とリハビリするハメになったのも発端は膝の痛みだったはず。ミョンボ兄さんから受け継いだ「ミョン魂」は頼もしいけど、とにかくお大事に。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/11/21(火) 23:41:45|
  2. レイソル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

J2ファイナルカウントダウン

(プロレスのリングアナという設定でお読みください)

選手、チーム、サポーター。全ての人間の希望と絶望が交差する5400秒
歓喜と悲哀を明確に分ける「残酷かつ圧倒的に公平な」結果。
それによって得られるであろう、至上のカタルシスの予感とジリジリと肌を焼かれるような緊張感に、心と体は不思議な熱を帯びてゆく。


選手たちは激戦の傷が刻まれた己の体に、
サポーターは観戦した試合の濃密な記憶、
或はその半券の厚みに何を想うのだろうか。


日常の中の非日常、空間の中の異空間。
「いつものスタジアム」は人々の想いによって「いつもと違うスタジアム」になる。
否、その非日常的な劇空間こそ「いつものスタジアム」


四十八回の死闘の果てに見える地平に
寒空の中沈んだあの太陽は再び昇るのか。

乗り越えた屈辱がある。
手に入れた「一心同体」という喜びがある。

瞬きすら許されず、呼吸をも忘れる戦いが今その幕を開ける
見逃すこと無かれ!

柏の戦士 J2ファイナルカウントダウン!!

カウント4〉 柏レイソルVSベガルタ仙台

今キックオフ!!

(ココでボンバイエか爆勝宣言)



…あの、オヒサシブリです。ひょっとしたら「ハジメマシテ」の方が多いのかもしれません。はずかしながら帰ってまいりました。

試合自体は参戦してたんですが、どうも文章に行き詰まりブログから足が遠のいていました。
なんと、愛媛戦から更新をしていないという体たらくです。「いやー、湘南戦のスズタツのゴールは何かホッとしたなぁ」とか、「草津戦は久しぶりにニアジ見られたナァ」なんてエントリを書くわけにも行きません。お恥ずかしい限りです。


さて、直近の神戸戦ではやはり汎用ブラジル人型決戦FWがやってくれましたね。
ここは以前書いたこのエントリから、再掲したいと想います。


アインシュタインは時間が独立変数でなく、空間の性質であると結論づけた。しかし、正確にはフランサ時空連続体が宇宙の本質であり、スルーパス観測系バックスピン重力によってそれは変化し、歪められるのである。

(参考:wikipedia内「時間」より)



まだまだリハビリが必要なようで、勢いだけでココまで書いたものの、スタミナが無くなってきました。
今後、コソコソッと試合の短観とフォーメーション追跡も追記していきたいとは思っています。
なにはともあれ、まずは「ヴェルディさんありがとう」仙台戦の勝利!!

ゴーゴー!柏レイソル!!

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/11/18(土) 00:21:46|
  2. レイソル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。