AL視点で眺めてみれば・・・

柏レイソルの試合ナドを「ALで観戦してるっぽく」つぶやくブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柔和な顔の荒ぶる鬼神

「リカのゴールでボロボロのコンディションの中でも勝ちを拾った」ってのが公平な見方でしょうか。愛媛のスリーラインには、昇格時大宮のような統一された意思を感じました。


神リカ、リカ神・・・
おそらく語源はレイソルスレッドでしょうが、呼び名の所以はその「のようなプレー」なのは間違いないかと。
ところで、リカが100%帰ってきたの?と聞かれたなら、私はこう言いたいんです
否!

断じて否!


まだまだ鬼神の片鱗を「チラ見」させただけデスよ!リカはもっともっとできる子ナンデス。
勝手ながら、本当にリカが帰ってきたと言えるのは「以下の要素を満たした時」だと思っています

1 完全に停止した状態からの1対1でも相手をブチ抜く鬼のようなドリブル
  ブル

2 FK、CKを問わず、あらかたのプレースキックは鬼のような精度でゴールにつな
  げる
  キック

3 試合展開、彼我の戦力差、コンディション、その他諸々の要素を「問答無用で捻
  じ伏せて」ゴールやアシストで勝利を導く鬼のような決定力
  決定力


最低でもこの3つを満たした時こそ、本当の鬼神の降臨だとおもうんです。愛媛戦では3の鬼決定力をチョット見せただけなんです!
先ずは、この数年ズゥーーーーっとプレースキッカーがいなくてセットプレーで苦労(玉田はアシストがあっても、直接ゴールはなかったですよね?)したことも忘れさせてくれるような鬼キックの復活が待ち遠しいかぎりです。


そして、鬼神の完全復活の折には闘神、雷神(でしたっけ?)を含めた「柏三大神」と共に
「戦国J2を天下統一ジャァーーー!!」

と、妄想もヒートアップできるってモンです。


フランクに語る愛媛戦(簡易版)

「ぼ、ボロボロじゃん。コンディション・・・」
三連敗のスタートの横浜戦をも上回る?コンディションの悪さが試合開始直後から感じられる。また、ディエゴが前半の半分も過ぎない時点で給水していることから、相当な暑さも予想される。


「愛媛サン、勘弁してください」
その整ったスリーラインはなんですか?
望月監督の皮を被った大宮の三浦監督ですか?
ダイナミックな上下動の両サイドはなんですか?
気持ちの良いサイドチェンジはなんですか?

ナンデ疲れてる時にかぎって愛媛戦なんですか?

最後の精度が低くて、ほんとうにありがとうございました。


「リカ神部分復活!!」
前半から、エグいミドルを放っていたリカですが、とうとうやってくれました。


その他気付いたこと
・チュンソンは悪くないけど、1トップだと(特に)プレスがキツイ相手と戦う時に苦しいカモ。クサビの受け手が一ヶ所だから集中プレスの餌食になる?

・第一クールの休みとか、とにかく日程に恵まれないのはナンデ?正直、愛媛と戦うのはコンディションが整った「試合無し節」の後がイイです。


(自分用、フォーメーションのおさらい)

     忠成

平山        谷澤
  ディエゴ  神
     イワオ

石川  岡山 祐三  亮

      南

      (45分)谷澤→ウノ

   忠成   ウノ
    ディエゴ
平山(69分石館)      
    イワオ   リカ神

石川  岡山 祐三  亮

      南

      (77分)忠成→永井
        ウノ
   ディエゴ
      
 石館  イワオ  永井

石川  岡山 祐三  亮

      南











読んで下さった方には無関係ですが、自分の記憶の為にも仙台、鳥栖と振り返らねバ・・・。
タフネス!!
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/23(火) 06:46:10|
  2. レイソル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

愛媛戦 1stラウンド を振り返る

雨中のミッドウィークに柏に行っていた方々へ・・・

あンたァ 勝者だよ

エッ!?私ですか・・・敗者ですよ・・・


なぜか仙台戦はクール毎のベストゲームになる気がします。第一クールの仙台戦も接戦を「ニアジからディエゴ」で最小得点さでの勝ちを奪った好ゲームだったし。


さて、第2クールということで、前回の対戦もふまえつつ愛媛について簡単に復習しちゃえ!ってのが今回の趣旨です。

前回の最大のポイントはやはり
プレス合戦

「ミッドウィークに兵糧攻めですかっ!?」といいたくなるほど、マジメマトモ真っ向勝負を挑んできた愛媛。石サンは試合後のコメントで
「キャンプ中に対戦して、良いサッカーとの印象。予想通り苦しい展開だった。」
と試合を振り返っています。


現在の愛媛は多少レギュラーに変動があるようですが、キープレーヤーは間違いなく高萩かと。前回も攻撃の起点として十分機能していましたが、若い選手のこと実戦を重ねることで「長足の進歩」を短期間で遂げている可能性もあるでしょう。
モチロン、レイソルサポにとっては菅沼・ミノルーニー・実&広庭の様子も気になるところ。
J'sゴールのプレビューはコチラ

で、「その時レイソルは」と思い返してみると。

・フランサ負傷退場
前節(6節)、途中出場から時空を歪めるアシストをかましたフランサですが、気合が入りすぎたのか、低い気温のせいか前半で負傷交代に。次のお目見えは徳島戦でした。
さらに、体調を崩していた北嶋を使わなくてはいけなかったのが余計にキツカッタ。

・左サイドはウノ先発
負傷がちな平山の代わりが見つからず、将太やウノ或は永井スタメンでボックスの中盤と試行錯誤の左サイドの時期でした。
まあ、この後更に増える負傷者にそれどころじゃなくなるんですが、当時はそんな事はわかるはずもありません。
また、60分過ぎにウノ→将太ですが、自分の感想を振り返るとイマイチとの記述になっています。おそらくプレス合戦の中、守備面で不満があったものと思われます。

・キレキレYAZAWA、グイグイディエゴ
混戦を征したのは谷澤の突破。仙台戦同様ニアジの裏でディエゴが合わせて得点。個人的にはこの形が1番萌えます


またもやガチンコプレス勝負になるのか?それともレイソルが愛媛を圧倒できるのか?「そもそも鎌次郎もいなかったらDFは?」と予想が立てにくいトコロですが、目的は一つ!
勝ち点3

ゴーゴー柏レイソル!!


一応、予想スタメンを

      忠成

 平山       YAZAWA
      ディエゴ
    山根   リカ神

石川(石館)祐三 岡山(石川)亮

       南

正直、かまじろうがいるのかわからない上に、岡山、亮、南の膝が非常に不安です。どうなることやら・・・


5.31追記
フランクに鳥栖、仙台戦を

【“愛媛戦 1stラウンド を振り返る”の続きを読む】

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/20(土) 13:17:58|
  2. レイソル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

鎌次郎の春

鳥栖戦ですね

「かまじろう」こと鎌田次郎がいきなりスタメン。更には岡山がスタメン復帰。

「助けてくださいっ!」

イヤね、メンバーから想像すると瀬戸、大谷が更に負傷者リストに加わってる気がするんですよ。だって、サブメンバーが加藤、大河原、永井、石館、長谷川ですから。
ああ、そりゃ「グッドルッキングガイ酒井」が紅白戦に参加するはずですよ。

後にも書きますが、若手選手よ!とりあえず嫁をもらうのはドウデスカ?

スタメンから想像する予想フォーメーションは・・・


     忠成

平山         谷澤
    ディエゴ
   山根  リカ神

祐三 鎌次郎 岡山  亮

      南


の4-5-1と予想しますがいかがでしょう?
    


久しぶりの更新です。
徳島戦の後から更新しなかったのは、単純に「フラ&リカ祭り」的なエントリを書くのがイヤだったからです。

大前提として、フランサの活躍(ゴール、アシスト)とリカの復活弾はサイコーに嬉しかったというのがあります。ええ、ニヤニヤしっぱなしでしたよ。

ただ、冷静になると石サンの目指すサッカーの実現度は三月をピークに落ち続けている気がしてなりません。
怪我人の頻出により、メンバーが固定しきれないのが最も大きな原因だと思いますが、徳島戦翌日には「外国人が揃ったのはイイけど、やろうとしている事の根幹が揺らいでない?」と感じて、素直に喜べない自分がいました。
まあ、ウザイ話なので、別の機会があれば詳しく言いたいです。

あ、もう少しだけ言わせてもらえば、今までケガの原因として「野球場グラウンド」「コーチ陣の強度設定」を想像していましたが、それに加えて、「選手の自己管理」もあるのかも?と思います。広報日記によれば石サンからも指摘があったようですが、特に寮を卒業した「若手の未婚選手」が厳しい練習に耐えられるだけのコンディション作りのための休養や食事を取れてるのかどうかが気になるトコロです。

そのほかに、中足骨をやってしまったスズタツですが、スパイクのメーカーは何処でしたっけ?
なんか、朝日新聞の記事にルーニーの(中足骨)骨折の件が載ってたんですが、一部には「ナイキのスパイクどうなの?」という声があるそうです。(ナイキはもちろん否定しているらしい。)昨年中足骨骨折をした玉田がナイキ使用者だったので、ふと気になってしまいました。
また、ナイキに関わらず、最近のスタッドの形状が遠因では?との声もあるそうです。
とにかく徹底的に原因を洗い出して、不慮のアクシデント以外の怪我人が無くなるようになってほしいものです。


とにかく今日も勝つぞ!!

ゴーゴー! 柏レイソル!!

つづきはフランクに草津戦を語ります

【“鎌次郎の春”の続きを読む】

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/14(日) 12:50:04|
  2. レイソル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。